teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:40/186 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【 至 到 】の訳

 投稿者:wajinメール  投稿日:2010年 5月29日(土)08時44分21秒
  通報
  【 到其北岸狗邪韓國 七千餘里 】
【 始度一海 千餘里至對馬國 】
【 又南渡一海千餘里 名曰瀚海 至一大國 】
【 又渡一海 千餘里至末盧國 】
【 東南陸行五百里 到伊都國 】
【 東南至奴國百里 】
【 南至投馬國 水行二十日 】
【 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 】
【 又有裸國 齒國復在其東南 船行一年可至 】

【 東行至不彌國百里 】を除く【 至 あるいは 到 】の意味は【 到着 】という意味です。

漢文は孤立語ですから動詞の【 至 到 】を訳す際に、勝手に格変化させてはいけません。

また【 郡至倭 ( 郡は倭に向かう )】以降の文章は、順次読み述語になっています。

したがって各【 至 到 】の基点は、前述の國名になります。

--------------------

【 郡 】⇒七千餘里⇒【 到其北岸狗邪韓國 】⇒一海千餘里⇒【 至對馬國 】⇒渡一海 千餘里⇒【 至一大國 】⇒渡一海 千餘里⇒【 至末盧國 】⇒東南陸行五百里⇒【 到伊都國 】⇒東南百里⇒【 至奴國 】⇒南水行二十日⇒【 至投馬國 】⇒南水行十日 陸行一月⇒【 至邪馬壹國 女王之所都 】

【 女王國 】⇒東南へ 船行一年で至る⇒【 裸國 齒國 】

郡 ( 使者 ) の移動順路は以上のようになります。

もし順次移動では無いとするなら、基点を変更する【 文章 】あるいは【 文字 】が必要になります。

たとえば【 自郡至女王國萬二千餘里 】が良い例です。

【 自郡 】を用いて基点を移動しています。

【 又有裸國 齒國復在其東南 船行一年可至 】の【 復 】も同様に基点を変更しています。

こうした正しい訳を行うには、中国語を学ぶ必要があります。

古田氏、安本氏、岩波文庫の【 魏志倭人伝 】訳には、漢文を孤立語として訳していません。

中国語の教育を受ける際、まず最初に学ぶのが【 孤立語 】についてです。

古田氏、安本氏、岩波文庫の【 魏志倭人伝 】訳を見ると【 孤立語 】ではなく【 膠着 ( 粘着 ) 語 】として訳しています。

つまり彼らは【 魏志倭人伝 】を中国語ではなく、日本語の文法を用いて訳しています。
実に馬鹿げています。

http://wajin128.at.webry.info/

 
 
》記事一覧表示

新着順:40/186 《前のページ | 次のページ》
/186