teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


カブもどき

 投稿者:すずき  投稿日:2018年 5月13日(日)13時12分59秒
  動画見ました。
これくらいスローフライトだったら初心者でも飛ばしやすいですね。

カブ(PA-18)は中学生のころ自転車で調布の飛行場へ写真を撮りに行った際に、よく見かけました。
ピタラス・ポータの短い離陸を初めて見た時、これがSTOL機か!と感動しました。
そういえば前縁スロットの付いたモランソルニエラリーもありましたね。
 
 

Re;砂との戦い

 投稿者:N島  投稿日:2018年 5月 7日(月)11時22分10秒
  すずきさん

やはり対策されているんですね。
飛ばせる条件はどうしても海からの風になるから悩ましいですね。

私の方はカブもどきが連休中にほぼ仕上がりました。
半固定でフラップつけたら良い感じでスローフライトが出来ます。
動画ではフラップ角度が20度くらいですが45度まで下げると空中でホバリングしてしまい
舵が、特にモーターOFFでラダーが効きにくくなったりします。
大気速度が無くてプロペラ後流が無かったらそりゃあ効かないですよね。

https://www.youtube.com/watch?v=j6RkksLS9II

 

砂との戦い

 投稿者:すずき  投稿日:2018年 5月 4日(金)21時59分52秒
  抱えているのはスパン5mぐらいですか?
やっぱ存在感ありますね。サーマルつかみやすいんでしょうね。
海で飛ばしていてもサーマルで高く上がらないと、なんか満足感少ないですね。

砂対策は機体もそうですが、風が強い時は砂が容赦なく飛んでくるので、
送信機も可動部はすべて防塵しないとやばいです。
トグルスイッチは全てNKKの『防水キャップ(AT-428)』を付けています。
その他の部分は使い捨てのゴム手袋を切って両面テープで貼っているので、
こんなかっこ悪いことになっています。(笑)



 

Re,Re,Re,ASW-17

 投稿者:N島  投稿日:2018年 5月 1日(火)15時02分29秒
  海の近くだと塩害でコネクタとか腐食しやすいので要注意でしょうか。
砂も入るとヤバいですか、でもあまりくるんでしまうと今度は結露して錆びるので
難しい所ですね。

私の方は日曜日に尾島で飛行会でした。
天気も良くて風もそこそこで絶好の条件でした。
最近はなかなか尾島の予約が出来ないのですが一日遊ぶのはやはり楽しいですね
 

Re,Re,ASW-17

 投稿者:すずき  投稿日:2018年 4月30日(月)14時25分33秒
  CUBぽい感じ、いいですねえ。
これならゆっくり飛んでもさまになりますね。
大きいバールーンタイヤは山岳仕様っぽい。

ASW-17は先日トラブルで墜落させてしまいました。
突然右翼のフラップとエルロンがバタフライ状態になり右に傾いて落ちました。
おそらく受信機に砂鉄のようなものが混入して誤動作したものと思われます。
海ソアも砂との戦いの日々です。
ダメージは右翼中央部付近で折れ、ノーズ付近のFRPが一部裂けました。
連休の前に結構な仕事ができて慌てましたが、突貫工事で何とか復帰できました。
もちろん受信機の防塵対策をしてですが。
 

Re;ASW-17

 投稿者:N島  投稿日:2018年 4月23日(月)11時19分35秒
  渋いASW-17が出来ましたね。
内容も意欲的な箇所があって興味あります。
投げるのは確かに大変そうですね、風があると煽られますし。
風が比較的安定していればですがスロープで大型機を投げるとき送信機を持たないで
両手で機体を投げてから送信機を拾い上げている人がいます。
スロープで投げた瞬間機体が空中で止まる瞬間がありますよね。
そのタイミングで慌てずに拾えば意外と楽に投げられます。

私の方は相変わらず200g未満の機体を進めていますが今回はCUBみたいなのを作ってみました。
ゆっくり飛ばすために限界まで大きくしたので肉抜き部分が大半を占めています。
途中で開き直って肉抜きもデザインの一部だとしました。
 

ASW-17

 投稿者:すずき  投稿日:2018年 4月14日(土)14時54分28秒
  ASW-17も先月完成しまして、初飛行を終えました。
設計から完成まで10か月かかりましたが、3.6mのスパンの翼の製作、翼端エルロン、
フラッペロンの機構、HQの翼型、ウレタン塗装と初めてのものばかりででしたが何とか出来ました。
翼は根元のHQ3.0(12%)から翼端のHQ2.5(8%)へ向かって連続的に変化している翼型で、
プランク材は0.4ミリのカバベニヤを使用したので剛性は心配していなかったのですが、
やや翼端がパタパタするのでもう少し剛性が必要だったか?
まあ色々と反省点はあります。
ただ片手で手投げするのはこの大きさが限界。
これが原因?右腕を上に伸ばすと右肩に激痛が走るようになった。(笑)


 

Re,Re,ぼくの記憶

 投稿者:すずき  投稿日:2018年 4月 7日(土)20時53分45秒
  やながわさんも大変だったんですね。
お母様は1,2回?しかお会いしたことがありませんが、小柄で気さくな印象でした。
確かお父様は自宅で看病していたんですよね。
まだ若い頃でしたからいろいろと辛かったのではないでしょうか。
もうだいぶ前ですよね。
 

Re,近況です。

 投稿者:すずき  投稿日:2018年 4月 6日(金)21時19分13秒
  N島さん
そうだったんですか、お母様の介護でかなり自分の生活スタイルを
変えざるを得ないのでストレスもたまることと思います。
やながわさんの言うようにできるだけ自治体のサービスなどに頼り孤立しないことと思います。

私の父は先月で92歳になりましたが、まだ元気なのでおかげで私もグライダーで遊べている状況です。
父、息子の多少の確執はさておきその点は感謝しないと。
 

Re;ぼくの記憶

 投稿者:N島  投稿日:2018年 4月 6日(金)17時08分7秒
  やながわさんご心配ありがとうございます。
やはりキツイのは病気が間違いなく進行していく事ですね。
通常の病気なら治るのを前提に事が運べますが数カ月後はどうなっているのか見当もつきません。
自分自身は割り切ってしまう性格なので(他人からは冷たく見えるかも)背負込まない方だとは
思うのですが、それでも想定外の事が毎日の様に起こるので精神的に厳しいですね。
この週末は年度末の忙しさから解放されたので母を日曜にデイサービスに預けて山を歩いてこようと
思っています。
でも今までのデイサービスが土日休みだったので家でやることがたくさんあって日曜なんかに
行けないと言うので(実際はやることはほとんどないのですが)最初は家に居るより楽しいよとか
みんな待ってるよとか言って説得するのだけど、それでも納得しないので最後には「俺の時間が
作れないんだよなんとかしてくれ」なんて言う始末でまさにやながわさんと同じ思いになるのかもしれないですね。
 

レンタル掲示板
/135