teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お返事ありがとうございます

 投稿者:た~さんメール  投稿日:2008年11月 4日(火)08時03分52秒
  ユウジさんのお答え、非常に分かりやすくて助かります。
ありがとうございました。
 
 

た~さんさんへ

 投稿者:河原塚ユウジメール  投稿日:2008年11月 3日(月)00時47分13秒
  コードの流れというのは川の流れと似ているように思います。
岩やカーブなどに影響されて流れがあって、「川らしく」見えますね。
何にもないただの真っ白な真っすぐな川だったら見ていて面白く
ないのと同じで、音楽にも終着に向かう中で音楽的な流れを作るために
コードが存在します。
僕の教本にも書いてありますが、そのコード達がダイアトニックコードで
あればさほど気を使わず、そのキーの1つのスケールでソロが
取れると思います。
ノンダイアトニックコードの所だけ最初は印を付けてコードトーンを
意識すると良いですね。

http://www.stkjazz.com

 

(無題)

 投稿者:た~さんメール  投稿日:2008年11月 1日(土)12時56分17秒
  忙しいところ、すみません。サックスを始めて2年半位になります。
教則本に載っている曲を吹いたり、アドリブを練習してふけるようになりますが
いざ、セッションに行って ボーカルなどが入ったり ギターの方とご一緒に
演奏するとなると、よく言われる キーはFです とか、キーはGです とか・・・・
曲の譜面を見ると確かに最初に記載されているのはFだったりGだったりしますが
曲が進むにつれ、当然のごとくFからCやAmとか変わっていきます。
どう理解すればいいのか・・・・・・
アドリブをするには、コードを見て その和音あたりで音を吹くのは理解できますが
何々のキーです・・・・・なんて言われると・・・
チンプンカンプンになってしまっています。
ちなみに、ユウジさんの出版された教則本も所有しておりますが、記載されている事
にもかかわらず失礼な質問なら、お許しください。
 

新しくします!

 投稿者:河原塚ユウジメール  投稿日:2008年10月 7日(火)00時28分25秒
  今までの質問のやり取りは削除いたしました。
僕自身の考え方も変わっている部分もあるので、
ゼロからやり直す事にします!
楽器や音楽に関する質問どしどしお待ちしております♪

http://www.stkjazz.com

 

レンタル掲示板
/1