teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


 投稿者:南畝  投稿日:2009年 3月26日(木)14時43分38秒
返信・引用
  ○←○ ○→
         右下

○→○
  ←
  ↓
○→○


 
 

読破

 投稿者:南畝  投稿日:2009年 2月18日(水)11時06分35秒
返信・引用
  1関口一郎『「学ぶ」から「使う」外国語へ』(集英社新書、2000年)  

読破

 投稿者:南畝  投稿日:2009年 2月16日(月)18時58分55秒
返信・引用
  1永嶺重敏『東大生はどんな本を読んできたか―本郷・駒場の読書生活130年―』(平凡社新書、2007年)  

読破

 投稿者:南畝  投稿日:2009年 2月 8日(日)23時17分8秒
返信・引用
  1岡田斗司夫『「世界征服」は可能か?』(ちくまプリマー新書、2007年)
2佐藤忠男『映画監督たちの肖像―日本の巨匠10人の軌跡―』(日本放送出版協会、2009年)
3小林哲夫『ニッポンの大学』(講談社現代新書、2007年)
4勝田和代『読者進化論―人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか―』(小学館101新書、2008年)
このうち、34は部分的に時代遅れな内容になっている。
2は「てにをは」がハッキリしない点が問題であるが、この四点の中では一番面白かった。個人的には、野村及び深作監督も論じてもらいたかった。
1は、マンネリ。
 

読破

 投稿者:南畝  投稿日:2009年 1月30日(金)16時17分9秒
返信・引用
  1大塚英志+東浩紀『リアルのゆくえ―おたく/オタクはどう生きるか―』(講談社現代文庫、2008年)  

弥太郎君へ

 投稿者:守安  投稿日:2009年 1月22日(木)18時34分40秒
返信・引用
  ご無沙汰です。25日午後空いてます?
あとすいませんがメールください
 

フォルストホフの11月20日分です。

 投稿者:弥太郎  投稿日:2008年11月22日(土)19時58分29秒
返信・引用
  個人の自由と国家による強制並びに一般的な基準と政府の命令についての対立は行政法領域に関するあらゆる法治国家解釈の枠組みを形作る。法治国家の解釈学はどのような前提で人間が生活するのかを尋ね、そして、その中で、どのような自由、秩序、福祉などの要請が設けられるかに関して記述することを怠っている。行政法の古典的システムにおける主たる欠如は行政の一番不十分なイメージを対象として調停することにある。それ故、自由及び所有権に方向付けられる解釈学は必然的に近代行政の現実において一部分だけを理解するものである。
そのような仕方で記述される古典的な行政法解釈学に出会うために、フォルストホフは個人的な権利保護の容姿について研究を開始した。原則的な無限の個人的自由の範囲を承認することから法律概念が調停する個人的自由の保証を通して特別な本質的な特色がもたらされるのである。それ故、法治国家の行政法解釈学に対する批判は主観的高権によって開始されなくてはならない。基本権は歴史的過程によるものである。フォルストホフによると近代国家において人間は彼らを保証する個人的な自由でなく、参加を通して、その地位を確立した。高権の範囲は拡張し、同一の範囲外ではもはや主張を認めないのである。それ故、どれほど人間は豊富に組織された高権的な範囲内で、参加をとおして、主張できるかという問題が生じる。その問題は個々人による国家の給付ヘの参加についてフォルストホフの解釈によれば権利保護から離れた解釈学では実現され得ない。つまり、需要と供給の給付関係が自立して調整されるという観念はフォルストホフの理解と反対の立場に立つ。それによると、各人が自分自身のために配慮しなければならない。国家に対して、ただ、侵害しようとする恣意からの保護に対して請求権が存在する。同時に、個々人が国家のために他の権利に干渉することを断念する。市民は法的に保証された行政による給付を全く期待せず、自分自身の生計を保証する。フォルストホフね見解によれば、まさに、この本質的なもう一つの理解によって、基本権の克服が公平な社会形成の過程に自由をもたらす。適合した発展が現存在配慮に関して、明らかになる。法的に保障された関与は時代的に遅れている基本権の保障に代替される。参加を通じて保護される存在に基づいて残存する国家の機能が展開するだろう。
 

フォルストホフの11月13日に行った分です。

 投稿者:弥太郎  投稿日:2008年11月22日(土)19時56分8秒
返信・引用
  厳しい規則性および個々人を超えた連続性と並んで、現存在配慮の任務は比較的大きい政治の動態性に基づく高権的な機能なのである。それ(現存在配慮の任務)は正当な社会秩序の形成に仕え、個々人の民族共同体における生活可能性を規定する。
フォルストホフは特別に先鋭化された国家の有効性を危険にさらされる高権及び本来の課題として理解する。つまり、経済が政治的秩序の領域へ変化していけばいくほど、労働に励むことと高権的主権との関連が身近になるのである。それ故に、特定利益と高権との対立が依然としてのこったままであるということに細心の注意を払わなければならない。この中に経済基本法というものの保持をみることができるのである。
B)推論
このような研究の基礎として、法律の帰結を発展させる。第一に全ての片面的な給付関係及び高権的性質の任務を古典的な意味合いにおいて排除することによって、現存在配慮の概念を更に詳しく決定するものである。また、司法権は少なくとも民事訴訟では片面的な給付調達ではないけれども、除外される。彼は積極的な基準の限界を給付関係の両面性を給付関係の存続に対する個々人の必要性においてみることができるのである。フォルストホフはこの基準が現存在配慮に数えられる全てのものを理解することはできないと主張する。しかしながら、基準は特に問題のあるもの、それ故、解釈学上明確化を必要とする部分、すなわち、新しいデータに基づく給付関係の輪郭を示すのである。一例として、劇場と映画館のような供給の経営、流通機関である。どの程度まで個々人が一定の制度に依拠するものとして理解するかという問題を明らかにすることが結局のこっている。

フォルストホフの優先的な目標は個々人が現存在配慮の実地に法律上関与することを強固なものにすることである。この研究の出発点はOtto Mayerまでさかのぼる行政法の古典的なシステムへの鋭い批評である。このような法治国家の特徴である解釈学は法治国家による自由の保証を特別に作用する仕方並びに行政の合法性の原理及び基本権を通じて特徴づけられる。
 

 投稿者:南畝  投稿日:2008年11月20日(木)13時11分8秒
返信・引用
  立ち入り禁止  

TVで話題のアイツが使ってた!

 投稿者:ゆかしメール  投稿日:2008年11月20日(木)09時30分41秒
返信・引用
  やばいね今話題のアイツもナンパに使ってたらしいよ!
まぁ写メ見れるしハズレも引きにくいから一番使いやすい家出掲示板じゃね~かな?

http://nuexazsexj.is-mine.net/

 

レンタル掲示板
/25