teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ラジコン技術5月号掲載

 投稿者:N島  投稿日:2019年 4月10日(水)07時33分27秒
  ラジコン技術の5月号に記事が載りました。
内容があまり面白くないのは半完成にしてしまったからです。
プレゼントコーナーにも載っています
 
 

カーボンロッドの固定

 投稿者:すずき  投稿日:2019年 3月30日(土)11時33分46秒
  接着方法の説明ありがとうございます。
やっぱり瞬間なんですね。

スチレンが簡単に交換できる方式はいいですね。
日々飛ばしていると、胴体の擦り傷などは、その都度塗装しなおすわけに
行きませんし、翼のフィルムの穴などはパッチを貼っていますが、気が付くと
パッチだらけになっていたりして。
 

Re,Re,Re,新カブ

 投稿者:N島  投稿日:2019年 3月26日(火)11時45分41秒
編集済
  カーボンロッドの固定ですが、まずベニヤで組んだ胴体フレームが主翼側と尾翼側にありまして
そこに胴体中頃のベニヤ板2か所の4隅の穴に通したカーボンロッドを仮付けして糸で縛っておきます。
これで4隅のカーボンが半固定された状態になるので捻じれが出てきたら修正が可能です。
捻じれがないか確認できたら少量の瞬間で仮固定しておき、トラス部分のロッドを接着していくんですが
ロッドの長さは現物合わせです。
↓ここからが接着方法
ロッドの切り方はカッターの刃をコロコロさせて折ります。
そうすると切り口が少しばらけるので低粘度瞬間が染み込みやすくなります。
接着個所はカーボン同士はあまりなくてベニヤに小さな穴を開けてあり、そこに先端を挿す形になっています。
長さが決まって良さそうなら最初に低粘度瞬間を垂らしてロッドの先端に染み込む様に接着します。
これだけでは強度が無いのでその上からゲル状瞬間を盛って固まりな状態にします。
こうすると内部で染み込み外部で被る構造になりますからかなり強度があがります。
仕上がりはそんなに綺麗になりませんが上から黒塗装してしまうと見栄えは問題無いです。

この構造がうまくいったのでちょっとしたグライダーの胴体を現在設計しているんですよ。
カーボントラスの上にスチレンの筒を被せる方式でスチレンがボロけたら簡単に交換できる方式。
今まで発泡とかスチレンってボロける一方なので気に入らなかったのですが発想の転換で行けそうです。
 

Re,Re,新カブ

 投稿者:すずき  投稿日:2019年 3月23日(土)16時50分46秒
  胴体フレーム、横から見ると実機の様な雰囲気が出ていますね。
手間かかりそう・・・。
カーボンロッドどうしはどうやって接着しているのですか?
 

Re,新カブ

 投稿者:N島  投稿日:2019年 3月22日(金)16時23分8秒
  すずきさん、こんにちは。
送信機は災難でしたね、もう少し早く回収出来たら被害は少なかったかもしれませんが
海辺は厳しい条件ですね。

とは言え私も送信機を買い換えられないでいます。
今使っているのは8FGですがデザインが悪い以外はあまり短所は無く、スティックが
なめらかなのが長所ではあります。
もう4,5年使ってると思うけど壊れるか無くすかきっかけが無いんです。

新カブですがトラスの部分は1.6φのカーボンロッドです。
このトラス部分は見た人に持って捩じってもらうんですが微動だに捻じれません。
おまけに軽く出来るのでちょっと他の展開を考えています。

あと、先週の金曜日ですがラジコン技術の取材を受けました。
原稿も投稿してあるので記事になる予定です。

キットも10機作ったので近々に納品予定です。
トラス部分は一般人に作れないとの事で胴体は完成状態です。
ただ、この胴体を作るのは神経を使うので10機後の予定はありません。
一応区切りがついたので別の機体を考えてます。
 

Re,新カブ

 投稿者:すずき  投稿日:2019年 3月17日(日)13時12分39秒
  N嶋さんこんにちは。
フィルム貼り無しでさらにお手軽になりましたね。
胴体のやぐらは何で出来ているんですかね?

私の方は先日、海岸に送信機を忘れてきてしまい。
3日後に回収したのですがその間に雨に降られて、基板が
腐食して修理不能となり新しいのに買い換えました。
飛行撮影用カメラもミニUSBコネクタが脱落して、買い換えることになり
最近何かと出費が多い。
 

新カブ

 投稿者:N島  投稿日:2019年 3月 6日(水)15時16分17秒
  スローフライの第二弾としてこちらのカブっぽいの企画しています。
アンダー200で前作のCandyCubは販売されていますがこちらはフィルム貼りなしで
スチレン仕様、全備約185gとほぼ遜色ない軽さです。
胴体後半の空気抵抗が無いので意外と風に強く飛びも良い感じです。
 

ラジ技の掲載

 投稿者:N島  投稿日:2018年 7月10日(火)21時47分55秒
  本日発売となりました。
表紙の左隅に写真が出てますね。
 

Re,Re,Re,ラジ技の撮影

 投稿者:すずき  投稿日:2018年 7月 2日(月)13時05分41秒
  6ページですか、すごいですね。
小型軽量機をトレンドにしようとしている?
顔出し、いい記念になりますね。
とにかく猛暑なのでお互い体に気を付けましょう。
 

Re;Reラジ技の取材撮影

 投稿者:N島  投稿日:2018年 6月29日(金)11時57分4秒
  すずきさん

ラジ技編集部からゲラが送られてきましてどうやら6頁になるようです。
普通は図面が1または2頁使うのですが図面は半頁になっているので
そこそこ内容はあったのかな?
機体を持った写真が載ってますがレフ板なしの直光で帽子のツバで顔が
暗くなるとかで帽子を不自然に持ち上げられてそのまま撮られてしまい
(機体持ってて手がふさがってるので自分で直せない状況)
変な風に写ってるのが自分的には気に入らないです(家族に爆笑されました)。
別に顔出ししなくてもと思うんですけどね。
 

レンタル掲示板
/137